敬老の日に旅行に行く場合は

category01

9月と言えば、8月に比べて気温が落ち着いてきて過ごしやすい日々になっています。

お手軽の敬老の日に関するマニアックな情報をお届けします。

9月の終わり頃には、毎年敬老の日があります。

この敬老の日は、概ね9月の第3週の月曜日になっているため、日付までは特定できませんが概ねこの日は連休になると言えるでしょう。


敬老の日に出かける人も多く、過ごしやすいゆえにキャンプや外で宿泊する人も多いです。もしこれから敬老の日に出かける場合には、どのようなところに行ったらよいでしょうか。

まず、連休であることを考えるとある程度遠くまで行くことができます。

関東や関西の都市部に住んでいる人ならば、同じ関東や関西の周辺の都道府県に行ってみると良いかもしれません。



1泊2日であることから、あまり遠くに行くことはできません。ただ新幹線などを使えば、500キロメートルぐらい離れたところまで簡単に行けるため、少し遠くの場所を選んでみても良いです。
関西ならば、京都や奈良などが過ごしやすいといえます。


25度位の気候になっていれば、街を歩いても汗ばむこともそれほどありません。また熱中症になりにくいと言えるでしょう。


東京周辺ならば、奥多摩の方や栃木県あるいは群馬県の自然の多い所が良いかもしれません。
ただ、天候が悪いことも考えられます。

9月になると、南のほうで台風が発生し日本列島を襲うことが少なくありません。

これを考えると、無理な計画を立てるべきではないです。



飛行機等を予約している人は、飛行機自体が欠航している可能性があるため別の予定を考えておいた方が良いでしょう。


多くの場合、9月の連休がだめな場合には10月の連休に期待せざるを得ない部分があります。

このように、天候が悪く旅行に行けない場合には予備日も考えておくのが良いです。

敬老の日の納得の知識

category02

敬老の日というのは、いつから誰が日本国に制定したのでしょうか。1つの説としては、1947年(昭和22年)9月15日に、兵庫県多可郡野間谷村で、当時の村長主催にて「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という趣旨から開かれた「としよりかい」が起源とされています。...

subpage

敬老の日の情報分析

category02

敬老の日に何を贈れば迷うときには、インターネットでおすすめのギフト特集などを参考にするといいかもしれません。また、アンケートなどを見ると貰って嬉しかったものに、感謝の言葉・花・食事会などが上位に入っていて、年配の方になると人生経験も豊富なので本当の価値が分かっているのかもしれません。...

subpage

知りたい敬老の日事情

category03

自宅で過ごすことが増えてきているため、自宅で快適に過ごせるよう、敬老の日に高齢者に贈ったほうがいいとされるプレゼントはあるでしょうか。贈ったほうがいいアイテムや避けたほうがいいアイテムについては、ある程度把握しておくと探す時に便利です。...

subpage

敬老の日の納得の事実

category04

敬老の日は、本来は誰が誰に贈るかは決まってないですが一般的に孫から祖父母へ贈ることが多いです。年長の方を敬って長寿を願う行事なので、両親のためにお祝いしたりお世話になった恩師や上司でも祝うことはあります。...

subpage