敬老の日は孫から贈るのが一般的

敬老の日は、本来は誰が誰に贈るかは決まってないですが一般的に孫から祖父母へ贈ることが多いです。

特別な敬老の日の情報を幅広く扱っているサイトです。

年長の方を敬って長寿を願う行事なので、両親のためにお祝いしたりお世話になった恩師や上司でも祝うことはあります。

お孫さんが小さいときは両親が代わりに、祖父母へプレゼントをすることも少なくありません。肝心の敬老の日はいつからお祝いするかですが、年齢も特に定まってなく定年退職をした年・70歳や80歳などの節目の年齢・孫が生まれておじいちゃんやおばあちゃんになったときからのタイミングで祝う人が多いようです。昔は還暦を迎えると敬老の日を祝ってましたが、最近の60歳は若い人が多く早すぎる印象があります。



70歳や80歳になった節目か、孫が出来たときにはじめるのが無難と言えます。



可愛い孫からのプレゼントなら、若い祖父母も喜んで受け取ってくれるはずです。
また、敬老の日は祖父母などに直接会いに行って孫の顔を見せるのがもっとも喜ばれますが、遠方に住んでいるなど中々会いにくいこともあるので、そんな時にはギフトを贈ってお祝いするのもいいです。普段だと中々伝えらない思いも、プレゼントと一緒にメッセージカードも添えることで伝えやすくなります。


贈り物の予算は大体3、000円〜5、000円で高くても1万円くらいの人が殆どですが、感謝の気持ちを伝えるのが大事なので金額に拘らず本当にいいと思った物を贈るのがベストです。


人気アイテムの中で特別感があるものだとより喜ばれて、和菓子の詰め合わせが漆器の重箱に入っているものや、ラベルに名前やメッセージが入れられる名入れのお酒などもおすすめです。定番でも素敵と感じる上品な品や、驚く記念アイテムだと思い出にもなります。